中野みらい矯正歯科|中野区の矯正歯科専門医院

電話する 無料初診相談

矯正治療の種類

type

矯正治療の種類

矯正治療に使用する装置やその特徴についてご説明いたします。

CHILDこどもの矯正(小児矯正)

こどもの矯正は、歯の生え変わり、顎の成長などの発育に合わせて適した装置を選択します。
そのため、こちらで紹介した装置以外のもので治療を行うこともございます。

筋機能矯正装置

筋機能矯正装置(小児用マウスピース型矯正装置)

筋肉の訓練、正常な呼吸の獲得といった目的に使用します。

拡大床

拡大床

顎を拡げて、歯が並ぶスペースを確保するための装置です。

ヘッドギア

ヘッドギア

奥歯を後ろに移動させる装置です。

マルチブラケット装置

ブラケット

当院は小児矯正でも、噛み合わせだけでなく、歯列を整える治療も含んでおります。(永久歯列)

APPLIANCE治療に使う装置例

表側矯正

歯の表側に矯正装置を装着して、24時間歯を動かす固定式の治療方法です。
基本的に全ての症例に対応可能で、マウスピース矯正より費用を抑えることができます。

withマスク時代に始める矯正治療では表側矯正も多く指示されております。

メタルブラケット

メタルブラケット

メリット
歯の動きがスムーズで、唇や頬に当たる違和感が少ない
デメリット
金属で、外から見て目立つ
クリアブラケット

クリアブラケット

メリット
装置が透明なので目立ちにくく、ホワイトワイヤーと併用するとさらに目立ちにくい。金属アレルギーの方に効果的。
デメリット
メタルブラケットに比べ歯の動きが遅い時があり、治療期間が延びることがある。
メタルブラケットよりも唇や頬に当たる違和感が大きい。
セラミックブラケット

ホワイトワイヤー併用

セラミックブラケット

メリット
装置が歯の色に似ているので、クリアブラケットより目立ちにくい。その他はクリアブラケットと同じ。
デメリット
クリアブラケットと同じ。

部分矯正

一部の歯に(前歯だけなど)矯正装置を装着します。
「前の見えているところだけ綺麗にしたい」「はやく終わらせたい」などのご要望がある方は一度ご相談ください。
使用する装置については、クリアブラケットやマウスピース矯正での治療法をご提案しております。

部分矯正
メリット
治療期間が短い。
費用が安くなる。
デメリット
歯と歯の間を削ることが多い
歯を後ろに引っ込ませることが難しい
部分矯正について詳しくはこちら

マウスピース型矯正装置

取り外し可能な透明なマウスピース型の矯正装置です。
一人一人の歯型に合わせてマウスピースを製作し、マウスピースを交換していきながら歯を動かしていく治療法です。

ブラケットよりも適応症例が限られるため、初診相談または精密検査後の診断時にマウスピース矯正で治療可能か、治療期間や費用をお伝えいたします。

マウスピース型矯正装置
メリット
取り外し可能なため歯磨きがしやすい
装置はほぼ透明なので目立ちにくい
痛みが少ない
通院回数が少なく、ご自身のライフスタイルに合わせやすい
部分矯正と相性が良い
デメリット
マウスピース型矯正装置だけでは治療が難しい症例がある(マウスピースと表側矯正のコンビネーション矯正を行う場合もあります。)
ご自身で取り外し可能なので、装着時間や着用方法などにより治療期間が予定より伸びてしまうことがある
食事・歯磨きの度に取り外しが必要
マウスピース矯正について
もっと見る
閉じる

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

当院では、インビザライン・システムを用いたマウスピース矯正治療を行っています。

専用ソフトを使用して3次元的に治療計画を作成し、患者様ごとにカスタマイズされたマウスピース(アライナー)を装着して歯を動かしていきます。

※ インビザラインは、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

使用方法について
  • 治療開始から治療完了までのマウスピースが歯の移動する距離にあわせて製造されます。
  • アタッチメントと呼ばれる小さな突起を歯に着けます。
  • マウスピース(通常2,3セット)を受け取り、ドクターの指示のもと、1週間から2週間ごとに新しいマウスピースに交換します。
  • お水以外の飲食時と歯磨きの時間以外はマウスピースを装着していただきます。
  • 約4〜6週間ごとに通院いただき、治療の進捗状況の確認、必要に応じて「アタッチメントの追加」「ゴムかけ」「IPR」を行います。
3次元的な治療計画とは?

インビザラインの治療計画はクリンチェックと呼ばれる3Dシミュレーションソフトウェアを使用しております。

現在の歯並びと治療後のゴールとする歯並びをシミュレーションし、視覚的に確認することができます。

アタッチメントとは?

インビザラインは、マウスピースをそのまま装着するのではなく、歯の表面にアタッチメントと呼ばれる突起を歯に着ける必要があります。虫歯の詰め物の材料を使用するので歯とほとんど同じ色です。

アタッチメントは大きさや形(長方形、横型、楕円形など)によってそれぞれの用途があり、歯を動かす際に矯正力をコントロールするために必要となります。

ゴムかけとは?

かみ合わせの調整のために、歯の表面にゴムかけ用の突起を装着し(または、マウスピースの切れ込み)、上下2箇所結ぶようにゴムをかけていただくことがございます。

交換用のゴムをお渡しして、マウスピースと一緒に使用していただきます。

IPRとは?

歯と歯の間を少し削り、歯を動かすスペースを確保する処置を行うことがあります。

0.1mm単位で削っていくので痛みはなく、IPRにより虫歯になりやすくなるといったことはございませんのでご安心ください。

閉じる
〒164-0001
東京都中野区中野2-13-23
岡デンタルビル1F
Google Mapを見る
アクセス
東京メトロ「中野駅」から徒歩 3分
JR中央線(快速)・総武線(各駅停車)
「中野駅 南口」から徒歩 3分
診療時間
平日 午前 11:00 - 13:00 午後 14:30 - 19:00
土日 午前 10:00 - 13:00 午後 14:30 - 18:00
休診日
月曜日・祝日
木曜と日曜は月2回
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

休診日

上へ戻る