無料初診相談予約

矯正治療の種類

type

矯正治療の種類

矯正治療に使用する装置やその特徴についてご説明いたします。

CHILDこどもの矯正(小児矯正)

こどもの矯正は、歯の生え変わり、顎の成長などの発育に合わせて適した装置を選択します。
そのため、こちらで紹介した装置以外のもので治療を行うこともございます。

筋機能矯正装置

筋機能矯正装置(小児用マウスピース型矯正装置)

筋肉の訓練、正常な呼吸の獲得といった目的に使用します。

拡大床

拡大床

顎を拡げて、歯が並ぶスペースを確保するための装置です。

ヘッドギア

ヘッドギア

奥歯を後ろに移動させる装置です。

マルチブラケット装置

ブラケット

当院は小児矯正でも、噛み合わせだけでなく、歯列を整える治療も含んでおります。(永久歯列)

ADULTおとなの矯正(成人矯正)

表側矯正

歯の表側に矯正装置を装着して、24時間歯を動かす固定式の治療方法です。

メタルブラケット

メタルブラケット

メリット
歯の動きがスムーズで、唇や頬に当たる違和感が少ない
デメリット
金属で、外から見て目立つ
クリアブラケット

クリアブラケット

メリット
装置が透明なので目立ちにくく、ホワイトワイヤーと併用するとさらに目立ちにくい。金属アレルギーの方に効果的。
デメリット
メタルブラケットに比べ歯の動きが遅い時があり、治療期間が延びることがある。
メタルブラケットよりも唇や頬に当たる違和感が大きい。
セラミックブラケット

セラミックブラケット

メリット
装置が歯の色に似ているので、クリアブラケットより目立ちにくい。その他はクリアブラケットと同じ。
デメリット
クリアブラケットと同じ。

部分矯正

一部の歯に(前歯だけなど)矯正装置を装着します。
「前の見えているところだけ綺麗にしたい」「はやく終わらせたい」などのご要望がある方は一度ご相談ください。
装置の特徴については、表側矯正と同じです。

部分矯正
メリット
治療期間が短い。
費用が安くなる。
デメリット
奥歯の噛み合わせの治療は難しい。
部分矯正について詳しくはこちら

マウスピース型矯正装置

取り外し可能な透明なマウスピース型の矯正装置です。
一人一人の歯型に合わせてマウスピースを製作し、マウスピースを交換していきながら歯を動かしていく治療法です。

マウスピース型矯正装置
メリット
取り外し可能なため歯磨きがしやすい
装置はほぼ透明なので目立ちにくい
部分矯正と相性が良い
デメリット
マウスピース型矯正装置だけでは治療が難しい症例がある(マウスピースと表側矯正のコンビネーション矯正を行う場合もあります。)
取り外し可能なので、患者さま自身の協力が必要不可欠
食事・歯磨きの度に取り外しが必要
〒164-0001
東京都中野区中野2-13-23
岡デンタルビル1F
Google Mapを見る
アクセス
東京メトロ「中野駅」から徒歩 3分
JR中央線(快速)・総武線(各駅停車)
「中野駅 南口」から徒歩 3分
診療時間
平日 午前 11:00 - 13:00 午後 14:30 - 19:00
土日 午前 10:00 - 13:00 午後 14:30 - 18:00
休診日
月曜日・祝日
木曜と日曜は月2回
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休診日

上へ戻る