無料初診相談予約

こどもの矯正治療

children's Orthodontic

こどもの矯正治療

子どもの矯正(小児矯正)は身体が成長している最中に行う治療であるため、
歯の生え変わり、顎の成長などの発育に合わせて適した治療を行うことが大切です。

小児矯正では主に3つの目的があります。

  1. 正しい顎の発育を促すための環境を作ること
  2. 大人の歯が生えるための場所を確保すること
  3. かみ合わせを悪くする原因を取り除くこと

どれも、将来の歯とお口の状態がより良いものへと導くための治療と考えられますが、
小児矯正だけで全ての矯正治療(大人の歯がきれいに生えそろうこと)が完了するわけではありません。

子どもの矯正は、大人になる前の土台作りのような期間であり、大人での矯正治療が後々必要になることがあります。
ただし、条件が良ければ大人の矯正が不要になるお子さんもいらっしゃいます。

POINT子どもの矯正治療で大切なこと

歯並びのこと

「自分がガタガタの歯並びをしているので子どももガタガタにならないか」
「生え変わった大人の歯が後ろから生えてきて不安だ」
といったことをよく聞かれます。

お子さんの中には矯正治療をしなくても歯並びがガタガタにならないお子さんもいれば、ガタガタのまま成長するお子さんもいます。
どちらになるかを予測して判断するのは難しく、正しい知識と経験を持った専門家の意見を聞いていただくことが大切だと思います。

子供の成長

お子さん一人ひとりの個性がちがうように、ガタガタ(叢生)、出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)などなど色々な歯並びの問題があります。
お子さんの将来の歯並びを予測し、1つの治療法に限定せず、一人ひとりに適した装置を選択していくことが大切です。

お口の健康のこと

小児矯正では、虫歯の予防を目的とした治療も行います。
定期的にフッ素ジェルを歯に塗布したり、効果的な歯磨きの指導を行います。

また、身体が成長段階の時に行う治療なので、来院ごとに日々変化するお子さんの状態を見極める必要があります。 その一環で、お口の周りの筋肉トレーニングや正しい呼吸の仕方を学ぶ、といったことを行います。

歯並びを良くするだけではなく、歯のことで将来困らないように、お口の健康につながることを総合的にフォローしていくことが大切です。

AGE・PERIOD対象年齢・治療期間

年齢に決まりはなく、必要だと判断された年齢が治療の対象になります。
一般的には大人の前歯が生えてきたタイミング(6~8歳ごろ)で治療開始となる事が多いです。

早期治療(乳歯のみ生えている)
5~7歳ごろ治療開始(約1~2年)
予防治療(乳歯と永久歯が生え揃っている)
7~10歳ごろ治療開始(約2~3年間)

上記はあくまでも参考値であり、個々の症状によって開始年齢や治療期間は変わる可能性があります。
治療終了後、経過観察期間が約2年間あります。

〒164-0001
東京都中野区中野2-13-23
岡デンタルビル1F
Google Mapを見る
アクセス
東京メトロ「中野駅」から徒歩 3分
JR中央線(快速)・総武線(各駅停車)
「中野駅 南口」から徒歩 3分
診療時間
平日 午前 11:00 - 13:00 午後 14:30 - 19:00
土日 午前 10:00 - 13:00 午後 14:30 - 18:00
休診日
月曜日・祝日
木曜と日曜は月2回
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休診日

上へ戻る